本文へ移動

松山英樹は通算10アンダーで29位 D・ジョンソンが驚異の30アンダーで今季2勝目 2位に11打差

2020年8月24日 10時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
最終日、8番でアプローチショットを打つ松山英樹(AP)

最終日、8番でアプローチショットを打つ松山英樹(AP)

◇23日 プレーオフシリーズ第1戦 ノーザントラスト最終日(米マサチューセッツ州ノートン、TPCボストン)

 松山英樹(28)=レクサス=は70で回り、通算10アンダーで29位。ポイントランクは大会前と同じ18位のままで次週のシリーズ第2戦に進んだ。ダスティン・ジョンソン(米国)が63でプレーし、通算30アンダーの驚異的なスコアをマーク。2位に11打差をつけて今季2勝目、ツアー通算22勝目を飾った。30アンダーは1950年以降、2番目の好記録。ポイントランクで1位に躍り出た。
 松山の最終ラウンドは4バーディー、3ボギー。1番でグリーン右横からパターで3打かかってボギーにし、立ち上がりからつまずいた。中盤からは持ち直したが、勢いに乗り切れなかった。
 プレー後は「ショットは一時期の悪いときよりよくなっているが…。早く優勝争いできる位置でプレーしたい」ともどかしさを隠せなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ