本文へ移動

室屋、ベネズエラ戦で「力不足感じた」 悔しさを糧に初Vへ成長を

2019年11月21日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本-ベネズエラ 後半、攻め上がる室屋=19日、パナソニックスタジアム吹田で(平野皓士朗撮影)

日本-ベネズエラ 後半、攻め上がる室屋=19日、パナソニックスタジアム吹田で(平野皓士朗撮影)

 FC東京は20日、東京・小平グラウンドで練習を行い、日本代表のDF室屋成(25)、MF橋本拳人(26)、FW永井謙佑(30)、韓国代表のナ・サンホ(23)が合流した。
 日本は19日のベネズエラ代表戦で1-4と大敗。右サイドバックでフル出場した室屋は、マッチアップしたソテルドに翻弄(ほんろう)されてしまった。「自分の力不足を感じたし、悔しい思いをした。ただ、強くなるためにはこういう経験は必要。この経験をどう還元するかは自分次第だと思う」と、苦い思いを糧にさらなる成長を誓った。
 J1も残り3試合。長いアウェー8連戦を終え、首位で約3カ月ぶりにホームの味スタに帰ってくる。23日、第32節の相手は湘南だ。
 ここからは、ヒリヒリとした優勝争いが続く。室屋は、その重圧さえも楽しみだという。喜々として「久しぶりに多くの人が来てくれる。優勝が懸かり、プレッシャーもあるが、そういう試合が続くので楽しみ」と語った。初のJ1制覇に向けて、健太トーキョーは最後まで走り続ける。 (馬場康平)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ