本文へ移動

【試合詳報】代表組は精彩欠く 橋本「焦りとかあったかもしれない」

2019年11月24日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
<J1第32節 FC東京1-1湘南> 永井、橋本ら日本代表組はW杯アジア2次予選などによる長旅疲れか一様に精彩を欠いた。シュート1本、後半23分でピッチを後にした永井は「先制されてリズムが(悪くなって)…。後半は押し込めていたので、もっと早めにゴールが取れていれば」と唇をかんだ。
 橋本は前半36分の失点に絡み「(相手ペースでも)これまでなら修正して自分たちのサッカーができていたのに、今日は久々のホームで『勝たないといけない』というのがあって、焦りとかがあったのかもしれない」と自己分析した。
 次戦は13年シーズンの第25節(9月14日)を最後に11戦連続で白星がない天敵・浦和が相手だが「それを越えなければ優勝もない。ある意味いい相手」(橋本)と気持ちを切り替え、必勝を期した。 (内田修一)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ