本文へ移動

三田、逆転Vへ天敵・浦和戦「燃える」 きょう今季ホーム最終戦

2019年11月30日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
運命の浦和戦で「勝利に貢献したい」と語った三田=小平グラウンドで

運命の浦和戦で「勝利に貢献したい」と語った三田=小平グラウンドで

 FC東京のMF三田啓貴(29)が、今季本拠地最終戦となる30日の浦和戦に向け、逆転優勝の立役者に名乗りを上げた。
 試合前日の非公開練習後、「やるしかない」と奮い立つ思いを言葉にした。今夏、3年半ぶりに古巣へ帰ってきた。それは愛するクラブでリーグ初優勝を勝ち取るためだった。前節湘南戦で引き分け、首位の横浜Mと勝ち点差1の2位へ順位を下げた。今節、2004年以降味スタで勝ちがない浦和に敗れ、横浜Mが勝てば覇権争いにピリオドが打たれる。
 天敵を倒し、最終節の横浜Mとの直接対決へと駒を進められるか。まさに、優勝への思いが試される場面だ。
 「試練だと思って、そういう相手を倒したい」
 そして、選手たちを迎え入れるのは、満員の味スタ。この状況に、燃えないわけがない。
 「チームを勝たせるプレーをしたい。こういう状況? 燃えるタイプなので」
 東京生まれ、青赤育ちの三田が悲願のリーグ制覇へと導く。タマ(三田の愛称)の出番だ。 (馬場康平)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ