本文へ移動

巨人・坂本が3回に先制打「直江が頑張っていたので…なんとか先に点をとってあげたかった」

2020年8月23日 20時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回表1死一塁、坂本が中越えに先制二塁打を放つ

3回表1死一塁、坂本が中越えに先制二塁打を放つ

◇23日 広島-巨人(マツダ)


 巨人の坂本勇人内野手(31)が貴重な先制打を放った。互いに無得点の3回1死一塁。広島の先発遠藤の低めの直球を振り抜き、打球はセンターオーバーの二塁打に。一塁走者の快足松原が一気に本塁へかえった。
 8月の打率が試合前の時点で1割6分7厘と苦しんでいるが、プロ初先発の高卒2年目の直江に先制点をプレゼント。坂本は「直江が頑張っていたので、なんとか先に点をとってあげたかったので良かったね」とコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ