本文へ移動

ヨシハサ? ハラノ? マリナーズ平野がコロナ復帰、新天地デビュー1イニング無失点2奪三振

2020年8月23日 16時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
平野(AP)

平野(AP)

 マリナーズの平野佳寿投手(36)は新型コロナウイルス感染から復帰し、22日のレンジャーズ戦で新天地デビュー登板。9回の1イニングを1安打無失点、2奪三振に抑えた。
 10―1の9回という場面でのマウンドは、指揮官の親心だった。中継局RSNWによれば、サービス監督は「チームが願っていたように(球団のマイナー施設がある)タコマの紅白戦で調整する機会がなかったから、2020年のデビューはソフトランディングになるようにしたかった」と説明。球団公式サイトのジョンズ番記者も「9回でスコアは10―1。ベテラン右腕の平野佳寿にとって、まさにサービス監督が望んだ通りのソフトランディングでのデビュー登板となった」とツイートした。
 この日の最速は91マイル(約146キロ)をマーク。81マイル(約130キロ)と82マイル(約132キロ)の宝刀スプリットで空振り三振を奪い、同局のブラウワーズ解説者は「低めのスプリットはかなり切れがある」と感心した。
 ただ、名前の発音は米国人泣かせのようで、同局のゴールドスミス・アナウンサーは、いきなり「ヨシ“ハ”サ・ヒラノがマリナーズでデビューを迎えます」と紹介。さらに名字を「ハラノ」と言い換える場面もあった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ