堀ちえみ号泣のステージ復帰 舌がん手術後初めて歌う 24時間テレビ出演

2020年8月23日 14時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「り・ぼ・ん」を熱唱する堀ちえみ

「り・ぼ・ん」を熱唱する堀ちえみ

  • 「り・ぼ・ん」を熱唱する堀ちえみ
 昨年2月にステージ4の舌がんであることを公表、舌の6割超とリンパ節の切除をし、太ももの組織を移植して再建する大手術を受けたタレントの堀ちえみ(53)が、23日放送の日本テレビ系「24時間テレビ43」に出演し、手術後初歌唱を披露した。
 手術後はうまく話せなかったが、「絶対に歌いたい」という思いを胸に、一生懸命リハビリをこなしながら約5カ月後にはボイストレーニングを開始。「歌えるっていう日が来るのを夢見て同じことを何回も繰り返してきました」。自らの復帰を祝うのにぴったりな楽曲を歌唱曲に選んだ。1985年に発表した「リ・ボ・ン」という楽曲。「REBORN=生まれ変わる」という意味が込められている。
 日本テレビ社屋近くの別会場で、往年の親衛隊たちが画面越しに声援を送る中、はっきりとした口調で同曲を熱唱。6人の子どもたちのママとしても、病を克服してステージで再び輝く姿を見せつけた。
 歌い終えると、へたり込んで号泣。見守ってくれた親衛隊たちに「感謝しております。本当にありがとうございます」と伝えた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ