本文へ移動

「日本に長くいるけど…」FC東京新加入のアダイウトン「頼もしい仲間」と何としても達成したい目標

2020年1月8日 19時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
今季新加入したアダイウトン=沖縄・かいぎんフィールド国頭で(FC東京提供)

今季新加入したアダイウトン=沖縄・かいぎんフィールド国頭で(FC東京提供)

 クラブの悲願は、自分自身の悲願でもある。磐田から完全移籍で加入したFC東京のMFアダイウトン(29)が、新天地で初のタイトル獲得を誓った。沖縄・国頭キャンプ2日目の8日も、かいぎんフィールド国頭で午前と午後の2部練習で汗を流し、「今年の年末はいい顔で終われるようにしたい」と誓いを立てた。
 「このクラブにくることができてとてもうれしく思うよ。チームのために全力を注ぎたいね」。15年に来日して以降、磐田で5シーズンを過ごした。東京はそのパワーとスピードに何度も苦しめられてきた。だが、敵として対峙(たいじ)してきたアダイウトンは東京の強さを認めていた。
 「ホームでもアウェーでも東京との試合はいつも難しかった。その相手が今度は仲間になるから頼もしいよね」
 そして、その新たなチームメートと目指すのは、彼自身がまだ到達していない“頂き”だ。「日本には長くいることができたけど、ずっとタイトルを取りたいと思ってきた。だから、ここで一つでも多くタイトルを取りたい」。東京の新兵器となる男は最高の結末を思い描いている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ