本文へ移動

『移籍して分かった…ボクに欠けていたところ』J2鹿児島から復帰のFC東京・平川怜が激白

2020年1月12日 21時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
鹿児島での“武者修行”から帰り、今季の飛躍を誓うMF平川=沖縄・かいぎんフィールド国頭で(FC東京提供)

鹿児島での“武者修行”から帰り、今季の飛躍を誓うMF平川=沖縄・かいぎんフィールド国頭で(FC東京提供)

 FC東京のMF平川怜(19)は昨季途中から期限付き移籍していたJ2鹿児島から復帰。沖縄・国頭キャンプ6日目の12日、青赤のユニホームに再び袖を通し、改めてスタートを切る今季に懸ける思いを聞いた。(聞き手・馬場康平)
 ―鹿児島での半年間は今後に生きそうか
 平川「初めての移籍でしたが、想像した以上でした。残留争いの中で試合をできたことは本当に貴重な経験だった。もっと試合経験が積めれば良かったが、向こうで気づけたことがたくさんあった。この半年間は無駄ではなかったと、証明したい」
 ―どんな気づきがあったのか
 「チームの中で絶対的な存在になれなかったから試合にも出られなかった。そういう捉え方ができるようになった。どちらかというと、精神的に強くなったと思う」
 ―今季はどこを伸ばしたいか
 「自分に足りないところを伸ばしていきたい。走力、運動量が必要になる」
 ―MF久保建(現マジョルカ)も横浜Mへの期限付き移籍から復帰した後にブレークしたが
 「精神的なところが、自分も欠けていた。気持ちの面で自分も強くなった。どんどん上に行きたいし、海外に行きたいという目標は変わらない。勝負の1年。東京でポジション(定位置)を奪いたい」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ