本文へ移動

郷土勢、静岡学園が優勝で健太監督喜ぶ

2020年1月14日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
地元・静岡県勢の全国制覇を喜んだ長谷川監督=かいぎんフィールド国頭で(FC東京提供)

地元・静岡県勢の全国制覇を喜んだ長谷川監督=かいぎんフィールド国頭で(FC東京提供)

 FC東京の長谷川健太監督(54)は13日、自身の出身地である静岡県勢の高校サッカー選手権制覇を喜んだ。沖縄・国頭キャンプ7日目のこの日、午前午後の2部練習が行われたが、長谷川監督は、練習後に逆転で静岡学園が優勝したことを知った。「0-2までは見てたんだけどね。サッカー王国・静岡の復活を県民も喜んでいると思う」と笑顔で語った。「一番喜んでいるのはうちの(静岡学園出身の森下)GKコーチだと思うよ。一緒にテレビを見ていたけど、校歌も一緒に歌ってたからね。2失点までは大丈夫と言ってたけど、本当にそうなったね」と長谷川監督。森下GKコーチは高々と右拳を掲げ、後輩たちの頑張りをたたえていた。(馬場康平)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ