本文へ移動

小平グラウンドにスパイダーマン!? いえ、髪を赤く染めたFC東京・GK林です

2020年1月26日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
赤く髪を染めて練習に参加したGK林=小平グラウンドで(FC東京提供)

赤く髪を染めて練習に参加したGK林=小平グラウンドで(FC東京提供)

  • 赤く髪を染めて練習に参加したGK林=小平グラウンドで(FC東京提供)
  • ポーズを決めるスパイダーマン=2017年7月23日、中部国際空港で(辻晃平撮影)
 FC東京の小平グラウンドに24日、突如“スパイダーマン”が現れた。正GK林彰洋(32)が髪を真っ赤に染めて登場し、ファン、サポーターを驚かせた。赤色の練習着と相まって、見た目はさながらアメリカン・コミックヒーローのスパイダーマンだった。
 昨季の金髪から心機一転。赤く燃える守護神が、今季のゴールを守る。
 「昨季は1番を取るという意味で金色にした。今年は心機一転してチームカラーの一つにしてみた。青はフィールドの選手に任せて、赤をもらっちゃおうかなって」
 今季のチームは、沖縄キャンプから4-3-3システムに挑戦してきた。変わるチームを象徴するように、自らも変化を求めた。
 「監督も新たな挑戦を決断した。ここから一致団結して、それを形にしていきたい。そのためにはそれぞれがアイデアを出していきたい」
 かつて長い手足と広い守備範囲、黒いユニホーム姿から旧ソ連代表守護神のレフ・ヤシンは「黒クモ」などと呼ばれた。その名は今もGK版バロンドール賞の名前として残る。今季は赤髪の「クモ男」がマーベル(驚異)のプレーで青赤軍団の最後のとりでとなる。 (馬場康平)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ