本文へ移動

FC東京の大卒ルーキー安部&紺野 先発大抜てきへ ACLプレーオフ

2020年1月27日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
今季初の公式戦で先発に抜てきされる可能性が出てきたMF安部=小平グラウンドで(FC東京提供)

今季初の公式戦で先発に抜てきされる可能性が出てきたMF安部=小平グラウンドで(FC東京提供)

 FC東京は、28日に東京スタジアムで、ACL本戦出場を懸けてフィリピンのセレス・ネグロスとプレーオフを戦う。その今季初の公式戦に、プロ1年目のMF安部柊斗(22)と、MF紺野和也(22)が先発起用される可能性が出てきた。キャンプから好調を維持する大卒ルーキーたちの大抜てきに期待が集まる。
 プロ1年目の安部は、沖縄キャンプ中の練習試合でも主力組に入って好プレーを見せてきた。その猛アピールが、実を結ぼうとしている。
 本人も「まさかこんなにも早くチャンスがくるなんて自分でもビックリ」と言い、こう続けた。
 「キャンプでもいいプレーができたと思うが、それを健太さんが見てくれていたことがうれしい。もしもあそこに立てるならすごくうれしい」
 FC東京のアカデミー出身で、中高と観客席から試合を見てきた。明大を経て今季から再び青赤に袖を通し、憧れの舞台に立とうとしている。
 「まだ試合に出られるかどうか分からないけど、緊張しないタイプなので、いつも通りのプレーを見せたい」
 運動量を生かした、高いボール奪取力が武器で推進力も兼ね備える。新システムの4-3-3では、逆三角形となる中盤の前線に入ることが予想される。
 「90分間チームのために走って点にも絡んでいきたい。何より勝つことが重要な試合。全てを出し切りたい」
 ギラギラとしたルーキーが、踏み入れたプロの世界で大暴れを誓う。「スタートが大事。そのための準備もしてきた」。フレッシュな新戦力が、4年ぶりのACL本戦出場を切り開く。 (馬場康平)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ