本文へ移動

女子やり投げ・北口は新投法で勝負「後戻りできない状態」新国立での陸上セイコー・ゴールデングランプリ

2020年8月22日 17時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
北口榛花

北口榛花

 陸上のセイコー・ゴールデングランプリは23日、東京・国立競技場で行われる。大会前日の22日には有力選手がオンラインで会見し、今季初戦となる女子やり投げ日本記録保持者の北口榛花(22)=JAL=は「今季初めての試合が新国立でできることがすごく楽しみ。来年の五輪へ雰囲気を感じて試合に臨めたら」と笑顔で意気込みを話した。
 東京五輪延期を受け、やり投げの助走歩数はそのままにスピードが上がるように変更、「戻した方がいいんじゃないかとアドバイスも頂いたが、後戻りできない状態。このまま突っ走ろうと思う」と新投法でアーチを架ける決意だ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ