本文へ移動

FC東京は4年ぶり3度目のACL本戦出場 鹿島は“日本勢初“のプレーオフ敗退

2020年1月28日 21時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
前半、ゴール前に飛び込むFC東京・原

前半、ゴール前に飛び込むFC東京・原

◇アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフ FC東京2○0セレス・ネグロス(フィリピン)

 東京・味の素スタジアムなどで行われ、昨季J1で2位だったFC東京は室屋成とアダイウトンのゴールで勝ち、2012年、16年に続き4年ぶり3度目の本戦に出場となった。1次リーグでは蔚山(韓国)、上海申花(中国)、パース・グローリー(オーストラリア)と同じF組。
 鹿島はメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)に0-1で敗れた。日本勢がプレーオフに出場するようになった2015年以降、プレーオフで敗退するのは鹿島が初めて。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ