本文へ移動

市制50周年、大府の象徴を絵に 名古屋学芸大の水谷さんが寄贈

2020年8月22日 05時00分 (8月22日 12時08分更新)
作品を寄贈した水谷さん(左)と、岡村市長=大府市役所で

作品を寄贈した水谷さん(左)と、岡村市長=大府市役所で

 大府市が九月一日に市制五十周年を迎えるのを記念して、名古屋学芸大准教授の水谷誠孝(のぶたか)さん(42)が絵画を制作し、二十日に大府市役所で寄贈した。
 寄贈作品は「メリーゴーランドと50頭の馬」という題名で、テンペラ画の技法で描かれた30号の大作。水谷さんが...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧