本文へ移動

松山クラブセッティング変更示唆 通算3アンダーぎりぎり58位で決勝へ

2020年8月22日 10時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
第2日の松山(AP)

第2日の松山(AP)

◇21日 プレーオフシリーズ第1戦 ノーザントラスト第2日(米マサチューセッツ州ノートン、TPCボストン)

 7年連続プレーオフシリーズ進出の松山英樹(28)=レクサス=は5バーディー、3ボギーの69で通算3アンダーにし、58位でぎりぎり決勝に進んだ。首位とは12打差に広がった。元世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(米国)が60をマークし、通算15アンダーでトップ。タイガー・ウッズ(同)は松山と並んで58位。
 松山は開始の10番でアイアンでの第1打を左ペナルティーエリアに打ち込み、12番もフェアウエーからの第2打を右林に打ち込むなどショットが不調でボギーが先行した。その後はバーディーを重ねたが、最後までカットラインとの闘いになった。
 プレー後は「いいスイングと悪いスイングの差が大きい」と話し、クラブセッティングを変えることも示唆した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ