本文へ移動

23日はFC東京『大矢運送Day』コロナで減収も「サポーターのため…できるだけスポンサー活動続けたい」

2020年8月21日 18時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
湘南戦で来場者に配られるオリジナルパックを持つFW永井(FC東京提供)

湘南戦で来場者に配られるオリジナルパックを持つFW永井(FC東京提供)

 FC東京は23日、本拠地・味の素スタジアムで行われるJ1第12節で湘南と対戦する。この一戦は、クラブスポンサーの大矢運送が協賛し、「大矢運送Day」として開催される。
 大矢運送の大矢一彦社長は、21日にFC東京の広報を通じ、コメントを発表。同社が新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、ここ4カ月は前年比で約1割の減収見込みという中で、今回の協賛に踏み切った理由について「たとえ、苦しい状況であったとしても、FC東京がリーグ優勝することで、東京の子どもたちに勇気を与えられる。それに関われる喜びと、ファン、サポーターのためにも、できるだけスポンサーとして活動を続けたい」と説明した。
 この試合の来場者全員に、レジャーシート付きのオリジナルバッグがプレゼントされる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ