津の榊原温泉盛り上げへ 温泉むすめ「伊都」等身大パネルが23日に除幕式

2020年8月21日 05時00分 (8月21日 19時14分更新) 会員限定
キャラクター「榊原伊都」(C)温泉むすめ/Enbound,Inc.(提供元=エンバウンド)

キャラクター「榊原伊都」(C)温泉むすめ/Enbound,Inc.(提供元=エンバウンド)

  • キャラクター「榊原伊都」(C)温泉むすめ/Enbound,Inc.(提供元=エンバウンド)
  • 榊原伊都を起用したPRに意気込む津市内の温泉施設関係者ら=市役所で
 津市の榊原温泉振興協会などは、温泉地にちなんだ美少女キャラクター「温泉むすめ」の一人「榊原伊都(いと)」をPRの前面に押し出す。地元企業と共同企画したグッズを製作し、23日には榊原温泉郷おもてなし館で等身大パネルの除幕式がある。キャラクターの「聖地」として、新たな客層の呼び込みにつなげる。 (本間貴子)
 温泉むすめは、東京都渋谷区の企業「エンバウンド」が二〇一七年三月から取り組む地域おこし企画で、全国百二十カ所のキャラクターが温泉地をPRすべくアイドルとして「活動」しているという趣旨。音楽CDやゲームなども展開している。
 榊原伊都は同年十月に五十二番目のキャラクターとして登場した。同社によると、「恋を癒やす湯」として古くから歌に詠まれた榊原温泉にちなみ、恋愛相談がしたくなるような清廉潔白で頼りがいのあるお姉さんをイメージした。県内では鳥羽、志摩の両市にも、温泉むすめのキャラクターがいる。
 榊原温泉では今後、イベントやグッズ展開に榊原伊都を起用していく。津、伊賀、名張地域の温泉旅館でつくる中伊勢温泉郷観光推進協議会は、グッズがもらえるスタンプラリーを九月五日から開催する。
 また、オリジ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報