本文へ移動

「桃色吐息」高原に彩り ひるがので4万株のペチュニア

2020年8月21日 05時00分 (8月21日 12時19分更新)
高原をピンク色に染めるペチュニア=郡上市高鷲町のひるがのピクニックガーデンで

高原をピンク色に染めるペチュニア=郡上市高鷲町のひるがのピクニックガーデンで

 郡上市高鷲町のひるがの高原スキー場で、四万株のペチュニアが咲く「ひるがのピクニックガーデン」が見頃を迎えた。
 標高一、〇四〇メートルの山頂周辺で、ピンク色のペチュニア「桃色吐息」が来園者を迎える。今年は梅雨の長雨による影響を受け、例年より一カ月遅れで咲きそろった。リフトに乗って山頂に向かうと、美しいじゅうたんを広げたような眺めが広がる。訪れた人たちは高原の風に吹かれながら花を楽しみ、猛暑を忘れている。
 ペチュニア園としては日本最大級。山頂には展望テラスもあり、花と高原の眺めが楽しめる。十月十八日まで開園予定。入園料は大人五百円、四歳以上小学生以下の子ども三百円。リフト(往復)は大人八百円、子ども五百円、ペット五百円。(問)ひるがのピクニックガーデン=0575(73)2311(中山道雄)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報