本文へ移動

抜群の“AI脳”で藤井2冠に!封じ手「8七同飛成」普通は嫌がる飛車切り…AIでは最善手!一気に形勢逆転

2020年8月20日 21時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「二冠」色紙を手に笑顔の藤井聡太新王位

「二冠」色紙を手に笑顔の藤井聡太新王位

 将棋の最年少タイトルホルダー・藤井聡太棋聖(18)が、最年長タイトル獲得記録を持つ木村一基王位(47)に挑む「第61期王位戦七番勝負(中日新聞・東京新聞主催、伊藤園協賛)」第4局は20日、福岡市中央区の「大濠公園能楽堂」で指し継がれ、80手で勝利した藤井棋聖が4連勝で王位を奪取した。18歳1カ月で「最年少2冠」に輝くとともに、タイトル2期獲得の規定により「最年少八段」となった。
 将棋史に刻まれる「最年長VS最年少シリーズ」は、若き天才がストレートで制した。運命の瞬間は午後4時59分にやって来た。「千駄ケ谷の受け師」の異名を取る木村王位が防戦不能に陥り「負けました」と投了を告げると、藤井棋聖はいつも通り、相手へのリスペクトを込めて深々と頭を下げた。
 終局後、4連勝での王位獲得について聞かれた藤井新王位は「初めての2日制対局でいろいろ得るものがあった。内容的に押されている将棋が多かったので、4連勝は望外。自分の実力以上の結果だったと思う」と、どこまでも謙虚。「七番勝負でいい経験ができたので、それを生かせるよう引き続き頑張っていきたい」と、次なる目標を見据えた。一方、初防衛を果たせなかった木村王位は「ストレート負けは恥ずかしい限り。また一から出直す」と敗戦の弁を述べた。
 これまでの最年少2冠は、羽生善治九段(49)が1992年9月に2期保持中の棋王に加え、初王座を奪取した時の21歳11カ月。これを28年ぶりに3歳10カ月更新した。最年少八段記録は、加藤一二三九段(80)が1958年4月に順位戦A級に昇った時の18歳3カ月を62年ぶりに2カ月塗り替えた。
 かど番から意地を見せたい先手・木村王位は、エース戦法の相掛かりを採用した。検分後の会見で「準備はしてきた。思いきりぶつかっていきたい」と話していた通り、飛車を五段目に構えてから端攻めに出る積極策を披露。これに対して横歩を取った藤井棋聖は、1筋こそ詰められるも1歩得を主張した。
 注目されたのは藤井棋聖が封じた「8七同飛成」。人間の感覚では指しにくいとされたが、AIも最善と示していた飛車切りの強手だった。直後に木村王位に誤算もあり、ここで主導権を握ると、盤上は一気に終盤戦の様相に。最後は木村王位が根性の受けを見せるも、藤井棋聖が持ち前の終盤力で寄せきった。消費時間は木村王位7時間26分、藤井棋聖7時間0分だった。
 王位戦で挑戦者が予選から全勝での戴冠を決めたのは史上初。挑戦者のストレート勝ちは1993年、羽生善治竜王・王座・棋王・棋聖(当時)が郷田真隆王位(同)を破って以来となる。2020年度、藤井新王位に獲得のチャンスが残されているタイトルは王将のみ。これを奪取すれば3冠となる。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ