本文へ移動

“ひふみん”こと加藤一二三九段 藤井新王位に「感動を紡いで!」自らの記録破られても「喜びが勝る」

2020年8月20日 19時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
加藤一二三九段

加藤一二三九段

 “ひふみん”こと加藤一二三九段(80)は20日、藤井新王位が誕生するや即座にツイッターを更新。自らの持つ18歳3カ月での「最年少八段」の記録を62年ぶりに破った若武者を手放しでたたえた。
 ツイッターには「藤井聡太二冠誕生(祝)ならびに史上最年少八段昇段(祝)心よりおめでとうございます!!!!!」と「!」を5連発。7月16日に藤井二冠が初タイトルを獲得したときには2016年にプロ初戦の相手をしたことを思い起こし、「デビュー戦の相手をした私としても感無量の歴史的瞬間でした」とつづった加藤九段だったが、今回は快挙をただただ絶賛した。
 その17分後に、すぐさま投稿。「今後AI研究がいかに隆盛を誇ろうとも藤井聡太二冠には人間ゆえに見いだすことのできる芸術的な一手の探求を通して盤上で感動を紡いでいただければと願う。平安の世から指し継がれた将棋文化の奥深く豊かな魅力を令和の世を生きる数多の方々へ末永く伝えていただけることは一棋士として非常に喜ばしい」と快挙を冷静に論評した。
 続く投稿では自身の記録が破られたことに触れ、「62年ぶりの記録更新に関して、記録は破られるために存在すること、そして今日まで陽の当たることのなかった将棋界に華やかな光を当てていただけることの喜びが勝るので寂しさは感じないものの、寂しいとおっしゃって下さったファンの皆さまの優しいお気持ちは非常にありがたいものと深く感謝しております」としみじみとつづった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ