本文へ移動

藤井王位が誕生 最年少二冠に

2020年8月21日 02時00分 (8月21日 17時30分更新)
第61期王位戦7番勝負第4局で木村一基王位を破り、最年少二冠となった藤井聡太新王位=20日午後、福岡市(日本将棋連盟提供)

第61期王位戦7番勝負第4局で木村一基王位を破り、最年少二冠となった藤井聡太新王位=20日午後、福岡市(日本将棋連盟提供)

  • 第61期王位戦7番勝負第4局で木村一基王位を破り、最年少二冠となった藤井聡太新王位=20日午後、福岡市(日本将棋連盟提供)
  • 封じ手前の8七銀まで
  • 2日目の指し手
  • 投了図
 将棋の木村一基王位(47)に藤井聡太棋聖(18)=愛知県瀬戸市=が挑む第61期王位戦(中日新聞社主催、伊藤園協賛)の七番勝負第4局が20日、福岡市の大濠公園能楽堂で指し継がれ、午後4時59分、後手番の藤井棋聖が80手で勝ち、18歳1カ月の史上最年少で二つ目のタイトルを獲得した。併せて「タイトル2期獲得」の規定も満たし、最年少で8段に昇段した。
 藤井新王位は、開幕から4連勝。予選トーナメントから挑戦者決定戦までの計10戦も無敗。全勝で頂点に立った棋士は、1960年に始まった王位戦で初めて。
 二冠を達成した棋士は、藤井新王位で16人目。これまでの最年少記録は、92年に羽生善治9段(49)が記録した21歳11カ月。8段昇段は、58年に加藤一二三・9段(80)が記録した18歳3カ月だった。
 本シリーズは、史上最年少記録を数々更新してきた高校生が、最年長で初タイトルを手にしたベテランに挑んだ劇的な構図。7月1日に愛知県豊橋市で開幕し、札幌市、神戸市、福岡市と転戦した。

60手目で攻めの形に

 藤井聡太新王位の話 序盤から積極的に動かれて、バランスの取り方が難しかった。封じ手の8七同飛成(42手目)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

囲碁将棋の新着

記事一覧