本文へ移動

<リニア 遠のいた開業>(3) 別の懸念

2020年8月20日 05時00分 (8月20日 05時01分更新)
JR東海が要対策土の搬入を打診する町有地へつながる道。「万が一重金属が流出したら」と懸念する=岐阜県御嵩町で

JR東海が要対策土の搬入を打診する町有地へつながる道。「万が一重金属が流出したら」と懸念する=岐阜県御嵩町で

  • JR東海が要対策土の搬入を打診する町有地へつながる道。「万が一重金属が流出したら」と懸念する=岐阜県御嵩町で
 表紙に「取扱注意」の文字。二〇一九年八月三十日、岐阜県御嵩町の役場を訪れたJR東海の担当者が、町の幹部や議員に二十二ページの資料を配った。
 リニア中央新幹線のトンネル工事に伴い、町内で発生する残土を、町有地を含む町内二カ所に搬入するとの提案だった。二カ所は、JR東海の照会に対して町が受け入れ候補地として示した場所。町が想定していなかったのは、町有地に自然由来のカドミウムやヒ素といった重金属を含む「要対策土」が持ち込まれることだった。
 「もし大雨で土が流出すれば、取り返しの付かないことになる」。資料を見た町議の岡本隆子(66)は不安を感じた。
 計画によると、町内の工事で要対策土が発生する可能性があり、町有地の方をJR側が購入。安全対策を講じた上で、恒久的に管理するという。もう一方の民有地には、通常の土を持ち込む。
 町有地は町民らが農業用水として使う可児川の上流部に位置する。汚染対策の工法は確立されているとはいえ、豪雨災害などで万が一にも重金属などが流出すれば、流域の田畑などに影響を与える可能性がある。
 町はかつて、産業廃棄物処分場の受け入れを巡って揺れた。計画に反対する町長が襲撃される...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報