本文へ移動

あわらに風力発電計画 9基建設、24年度着工へ

2020年8月20日 05時00分 (8月20日 05時00分更新)
 日立キャピタルグループの再生可能エネルギー事業を手掛ける「日立サステナブルエナジー」(茨城県)が、あわら市内で風力発電事業を計画している。市中心部を走るJR北陸線と、北陸自動車道に挟まれた丘陵地に、最大出力四千二百キロワットの発電機を九基建設する構想。実現すれば、総出力は最大で三万七千八百キロワットとなる見通し。二〇二六年度の運転開始を目指す。
 同社は全国二十七カ所で風力発電事業を展開しており、県内での計画は初めて。事業化に向け、実施想定区域で配慮すべき項目を取りまとめた「計画段階環境配慮書」の縦覧が十八日、始まった。伊井、細呂木、坪江、剱岳の各公民館や、あわら、坂井両市役所、県庁で閲覧が可能。同社ホームページからも確認でき、九月十八日まで意見を募っている。
 風力発電事業の実施想定区域は、宮谷、下金屋、熊坂、笹岡など一帯の二百三十七ヘクタール。地元区長らには三月から順次、説明してきた。担当者は「風況に加え、福井港、国道8号など建設時のアクセスも良い」と選定理由を話す。手続きを踏んで、早ければ二四年度にも着工したい考えだ。
 あわら市の風力発電では、電源開発(Jパワー、東京都)の子会社「...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

福井の新着

記事一覧