亀梨和也、主演映画「事故物件」原作者との仕事で怪奇現象多発…「無事に公開されたら距離を取りたい」

2020年8月19日 17時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
映画「事故物件」の公開直前イベントを行った(前列左から)原作者の松原タニシ、亀梨和也、奈緒、(後列左から)よゐこの有野晋哉、濱口優

映画「事故物件」の公開直前イベントを行った(前列左から)原作者の松原タニシ、亀梨和也、奈緒、(後列左から)よゐこの有野晋哉、濱口優

  • 映画「事故物件」の公開直前イベントを行った(前列左から)原作者の松原タニシ、亀梨和也、奈緒、(後列左から)よゐこの有野晋哉、濱口優
 アイドルグループ「KAT―TUN」の亀梨和也(34)が19日、東京都港区の品川フィッシングガーデンで、主演映画「事故物件 恐い間取り」(中田秀夫監督、28日公開)の納涼怪談イベントに出席。俳優の山下智久(35)とともに未成年女性との飲酒が確認されたとして、17日にジャニーズ事務所から厳重注意処分を受けたことについて、イベント冒頭に「先日の報道により多くの皆さまにご迷惑、ご心配をおかけしてしまいましたことを心よりおわび申し上げます」と謝罪した。
 水際には霊が集まりやすいということで釣り堀で行われた今回のイベントには、亀梨とヒロインの奈緒(25)、原作者のお笑い芸人・松原タニシ(38)のほか、劇中にも登場する「よゐこ」の濱口優(48)と有野晋哉(48)が幽霊の装いで参加。釣りざおから釣れた木札に書かれたテーマの怪談を披露するコーナーで「背筋の凍る恐怖体験」をお題に与えられた亀梨は、松原と一緒に仕事をするときは怪奇現象が続くと激白した。
 「対談させていただくときは、向かっているときに(マネジャーが運転する社用車の)フロントガラスに何か当たった感覚がないのにヒビが入って、後日お会いするときは、今度は車のタイヤがパンクしました。先日、野球の放送でご一緒したときは、普段からお世話になっているスタッフさんの車がパンクするという…。映画公開が無事にされましたら、タニシさんとは距離を取りたいなと。すごくいい方なんですが、4年に1度のペースでお会いできたら」と“敬遠”を宣言した。
 すると松原は「僕がいい感じになった女の子とハイキングに行ったら、20メートルくらいの木が女の子に向かって倒れてきた」という経験を明かし、亀梨らを仰天させた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ