2大会連続で君が代!! F1に併催のF2で松下信治が今季初勝利 前戦Vの角田との日本人バトル制す【F2第6戦レース1】

2020年8月16日 13時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
今季初優勝した松下信治(F2提供)

今季初優勝した松下信治(F2提供)

  • 今季初優勝した松下信治(F2提供)
  • F2第6戦レース1の表彰台。中央が松下信治(F2提供)

◇15日 F2第6戦スペイン大会レース1(カタルーニャサーキット)

 F1に併催されるF2選手権は15日、スペイン・バルセロナ郊外のカタルーニャサーキットで第6戦のレース1が行われ、MPモータースポーツの松下信治(26)が大逆転で今季初勝利を果たした。前身のGP2を含めて通算7勝目。予選順位がそのままスターティンググリッドに反映されるレース1は3勝目だ。

 後方の18番グリッドからスタートを切り、2度目のセーフティーカーが導入されたタイミングまでタイヤ交換を我慢して3番手に一気に浮上。終盤に1台を抜き、最後は同じ日本人で前戦でシリーズ初優勝を獲得したカーリンの角田裕毅との一騎打ちとなり、32周目の1コーナーで追い抜きに成功した。
 レース終了後は自身のツイッターで「まさに地獄からの天国。どんな時も諦めない、言うのは簡単だけど、この連戦の状況で、悩みに悩んでいました」と苦悩を吐露しつつ「でも僕には応援してくれる人たちがいて、今年僕はここでレースが出来ているので、辛い状況だからといって諦めたら全ての人の想いが無になってしまう。それだけは絶対にしたくありませんでした」とつづった。
 ホンダの育成ドライバーとして前身のGP2に2015年から参戦。昨季は2勝しながらランキング6位に終わり、2年ぶりに日本のレースに戻ることも視野に入れた。が、F2に留まって目標でもあるF1を目指すことを決意した。
 角田は4位、トライデントの佐藤万璃音は15位だった。レース2は16日にF1第6戦スペインGPの決勝前に開催される。松下は規定で8番グリッドからスタートする。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ