死んだクマ見つかる 上高地の小梨平キャンプ場

2020年8月16日 05時00分 (8月16日 17時42分更新) 会員限定
 環境省上高地管理官事務所は十四日、松本市安曇の北アルプス・上高地にある小梨平キャンプ場で、九日にテント泊していた女性を襲ったとみられるツキノワグマ一頭を捕獲したと発表した。
 同事務所によると、十三日早朝に小梨平キャンプ場近くの宿泊施設敷地内にクマが出没。麻酔で捕獲しようとしたが効く前に逃げ、周囲を捜したところ、死んだ状態で見つかった。
 クマは体長約一四〇センチ、体重は推定一五〇〜一七〇キロ。十五歳ぐらいという。
 安全が確認されるまで小梨平キャンプ場の閉鎖は継続し、上高地内の宿泊施設利用者には夜間の外出を控えるよう呼び掛ける。
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の最新ニュース

記事一覧