本文へ移動

「遺言みたいだ…」三浦春馬さんの遺作ドラマが放送「春馬くんの声で『ありがとう』『さようなら』…涙が出た」

2020年8月15日 21時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
三浦春馬さん

三浦春馬さん

 7月に30歳の若さで亡くなった俳優の三浦春馬さんの遺作となったNHKドラマ「太陽の子」が15日に放送された。三浦さんは、戦争に苦悩し自殺を図るなどした兵隊の役柄を演じ、ツイッターにはドラマと現実を重ね合わせる投稿が相次いだ。
 「遺言みたいだわ。本人と重なってツラい」「最後の手紙に『ありがとう』『さようなら』って。春馬くんの声でその言葉を聞いた途端涙が溢れたよ」。放送直後から、ファンの悲痛な声があふれた。三浦さんについてふれたツイートは、またたく間に2万件近くに達した。
 番組の最後には、「三浦春馬さんは7月18日にお亡くなりになりました。謹んで哀悼の意を表します」とメッセージが表示された。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ