J1名古屋、“天敵”FC東京にまたも苦杯 にじむ疲労も中3日で次節へ…チーム正念場

2020年8月15日 21時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
FC東京に敗れ、肩を落とす名古屋イレブン

FC東京に敗れ、肩を落とす名古屋イレブン

  • FC東京に敗れ、肩を落とす名古屋イレブン

◇15日 J1第10節 FC東京1-0名古屋(味の素スタジアム)


 名古屋グランパスは0―1で今季2敗目を喫した。2015年から7戦未勝利(2分け5敗)と苦手としていた天敵に、またしても苦杯をなめた。
 立ち上がりは堅守を特長とする両チームらしい落ち着いた展開。しかし前半33分、自陣でMFシミッチからMFシャビエルへのパスを奪われると、最後はFC東京のFWレアンドロに先制点を許した。後半開始と同時にシャビエル、MF前田を下げてFW山崎、MF相馬を投入したが、後半37分にはDF成瀬がこの日2枚目のイエローカードで退場になるなど厳しい展開は続き、反撃はならなかった。
 12日のルヴァン杯・川崎戦から先発9人を引き継いだが、高温多湿の状況もあり、プレーには疲労が色濃く出た。負傷者も少なくないチームは中3日で次節・湘南戦を控えており、今季最初の正念場を迎えた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ