水口東、敗れても実り <高校野球・滋賀>

2020年8月15日 05時00分 (8月15日 11時24分更新) 会員限定
優勝を逃し、肩を落とす水口東ナイン

優勝を逃し、肩を落とす水口東ナイン

  • 優勝を逃し、肩を落とす水口東ナイン
  • 力投する水口東の大橋投手
 投げても投げても球審の手は挙がらない。水口東のエース大橋廉投手(三年)は、立ち上がりに制球に苦しんだ。一、二回だけで与えた四球は五つ。「冷静になろうと思うと、余計に冷静でなくなった。緊張か気負いか、自分でもよく分からなかった」
 二回終了後、ベンチで村田潤平監督から「投げたいか」と聞かれた。ブルペンでは、背番号1を争ってきた竹嶋大星投手(同)も準備していたが、「エースを任された以上、壊した試合は自分で立て直す」と続投を志願。「内にある思いを、そこではき出せた。攻める気持ちで、強気になれた」
 三回、先頭打者にストライクを続けたのをきっかけに少しずつ調子を取り戻していった。その後は追加点を許さず1四球で7回を投げ切った。それだけに「求めている投球を一回からできていれば、勝機はあった。最初から百パーセントの力が出せなかったのは、甘さが出た」と唇をかんだ。
 「1」を背負ったのは、この独自大会から。「下手なピッチングをしたら、他の投手に代えられる。自覚を持ってやれということだと思った」と奮起。帽子の裏にマネジャーに書いてもらった「迦楼羅心(かるらしん)」の言葉は、仲間の助けがあって物事を達成でき...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報