本文へ移動

「おぎやはぎ」の小木博明が腎細胞がんで一時休養 「まさか自分が」ステージ1 除去手術など治療専念

2020年8月14日 10時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
小木博明

小木博明

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明(48)が「腎細胞がん」治療のため一時休養することになった。所属事務所が14日発表した。
 それによると、頭痛の治療で入院した際に検査を受けたところ、初期の腎細胞がん(ステージ1)が見つかったという。小木は17日から入院し、除去手術を受けるなど治療に専念する。仕事復帰時期については9月頭を予定しているが、治療の経過を見て判断。小木は自身が出演するTBSラジオ「JUNK おぎやはぎのメガネびいき」でも報告した。
 小木が発表したコメントは次の通り。
 まったくの私事でございますが、とてもびっくりしたことがありましたので発表させていただきます。
 なんと私小木博明、腎細胞がんが見つかり、手術のためしばらくお休みをいただきます。幸い取り除けばよいという所謂ステージ1であるのですが、「まさか自分が」という有名な言葉を皆さまにお送りしたいと思います。
 元来自分は病院が好きで、さまざまな検査をしていましたが、今回ゆっくり身体を診ていただいたおかげで見つけることができました。「まさか自分が」となる前に、皆さまもゆっくり時間を取って検査されることを強くお勧めします。
 大事なことを言い忘れましたが、関係者の皆さまには、この度の休養に関してご理解頂き感謝しております。
以上、びっくりしたことの発表でした。
 プロダクション人力舎
      小木博明

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ