関ジャニ∞安田章大、写真集で闘病を赤裸々に 17年に髄膜腫で開頭手術

2020年8月14日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「安田章大写真集 LIFE IS」の書影ⓒマガジンハウス

「安田章大写真集 LIFE IS」の書影ⓒマガジンハウス

  • 「安田章大写真集 LIFE IS」の書影ⓒマガジンハウス
 アイドルグループ「関ジャニ∞」の安田章大(35)が9月24日に「安田章大写真集 LIFE IS」をマガジンハウスから発売する。
 安田は脳腫瘍の一種である「髄膜腫」を患い、2017年2月9日に開頭手術を受けたことがきっかけで、心境に大きな変化が現れた。「本気で独りになった時、死ぬほど弱い自分に気づきました」。手術が無事済んでも、再び歌ったり踊ったりができるのか。その苦悩や葛藤は相当なものだったという。
 死を身近に感じたことで、その経験を形にして伝えたいと思い立った。「経験したことを赤裸々に見せることも、大切なんじゃないのか。ラッキーなことに、届けられる仕事をしている。だったら、届けないでどうする」。手術前後の病室でのありのままの姿や、腫瘍が映るMRIの画像など闘病中の写真を収録したミニブックを写真集に付属させることを決めた。
 写真集のテーマも「生と死の輪廻(りんね)」。病を克服した安田だからこそ表現できる生々しい世界観だ。「写真界の芥川賞」と称される木村伊兵衛賞を受賞した気鋭の写真家、岡田敦さんが撮影。雪が舞う極寒の北海道・根室でロケを敢行した。
 安田は「読み手によっては語れば語るほど押しつけがましくなるものだと感じています。ただ、経験値は独り占めしておくものではない、共有し共鳴してこそ意味がある。伝えたい信念は全て写真集の中に詰めました。もし、安田章大という生き物にご興味が湧いた方は、僕に触れてみてください」とコメントを寄せた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ