「何とかしたかった。どんな当たりでも…」巨人の4番・岡本和真が執念の同点打

2020年8月13日 20時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中前適時打を放つ巨人・岡本

中前適時打を放つ巨人・岡本

  • 中前適時打を放つ巨人・岡本

◇13日 巨人-ヤクルト(東京ドーム)

 巨人の岡本和真内野手(24)が貴重な一打を放った。1点を追う5回2死三塁。1ボールからヤクルトの先発高梨の変化球を振り抜いた。会心の当たりではなかったが、打球は中前で弾んで同点の適時打になった。
 岡本は「打ったのはカーブ。何とかしたかった。どんな当たりでもいい。同点になって良かったです」とコメント。坂本、丸、パーラら打線の組み替えが活発に行われている中、全試合4番を務める主砲が存在感を発揮した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ