藤井棋聖もびっくり!?…8歳の天才チェス少年が見せた“驚異的な強さ” 映画「ファヒム パリが見た奇跡」14日公開

2020年8月13日 15時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8月14日公開「ファヒム パリが見た奇跡」(C)POLO-EDDY BRIERE.

8月14日公開「ファヒム パリが見た奇跡」(C)POLO-EDDY BRIERE.

  • 8月14日公開「ファヒム パリが見た奇跡」(C)POLO-EDDY BRIERE.
 将棋界では先月、藤井聡太新棋聖(18)が最年少タイトル獲得を30年ぶりに更新。2つ目のタイトル獲得がかかった王位戦第4局が19と20日に控えるが、その前に盤上で驚異的な強さを誇った天才チェス少年の映画が14日に公開される。
 映画のタイトルは「ファヒム パリが見た奇跡」。チェスの才能に恵まれながら、母国バングラデシュを追われた8歳の少年ファヒムが、父と逃れてたどり着いたフランスで、不法滞在者として窮地に立たされながらも、言葉や文化の壁を越え、フランス王者になった実話が基になっている。ピエール=フランソワ・マルタン=ラヴァル監督は2014年、テレビでファヒムのインタビュー番組を見て感銘を受け、「すぐにこの映画を作りたい」と思い制作を始めたという。
 ファヒム父子や亡命者を支援する協会など緻密な取材を重ねており、難民が不遇な生活を強いられる社会を忠実に描く一方で、ピエール監督が得意とするコメディーな演出が良い。フランスで出会ったチェス仲間や師匠との絆、ファヒムの成長や葛藤を重くなりすぎないタッチで見やすい人間ドラマに仕上げた。主人公役は、偶然にも3カ月前にバングラデシュからフランスに移住したばかりだった少年アサド・アーメッドが務め、本作でスクリーンデビュー。撮影を通じて、ファヒムの人生を「追体験しているようだった」とピエール監督に言わしめた演技も見逃せない。「早指し」「棋譜」など将棋に通じる言葉も登場。注目の将棋対局を前に、異国の地の天才プレーヤーの映画に触れてみてはいかがだろうか?

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ