移住検討オンラインで 大垣市、空き家内覧や相談受け付け

2020年8月13日 05時00分 (8月13日 12時28分更新) 会員限定
オンラインでの空き家の内覧のイメージ

オンラインでの空き家の内覧のイメージ

  • オンラインでの空き家の内覧のイメージ
 大垣市は、コロナ禍で遠距離移動が難しい中でも気軽に市への移住を検討してもらえるよう、市内の空き家の内覧や移住相談をオンラインで受け付ける取り組みを十七日から始める。空き家の内覧と移住相談をオンラインで同時対応するのは県内自治体では初めて。
 オンライン内覧は県宅地建物取引業協会西濃支部が協力。対象は市空き家バンクに登録され、所有者の了承を得た七物件(七月末現在)で、市住宅課の職員が現地へ行き、タブレット端末のカメラで撮影した部屋や住宅設備の映像を送る。内覧希望者は「Zoom(ズーム)」などのオンライン会議アプリで自宅などで同時視聴し、見たい箇所を現地の職員に伝えたり質問したりできる。
 平日午前九時〜午後四時に実施し、一物件三十分程度。希望日の一週間前までにメールや電話で住宅課に申し込む。
 移住相談では、住宅取得に関する補助制度などを市担当者が説明する。市の移住定住ポータルサイト「大垣暮らしのすすめ」内専用フォームや電話などで申し込む。オンラインで空き家内覧時に相談することもできる。(問)市住宅課=0584(47)8184。移住相談は都市プロモーション室=0584(47)7681=へ。 ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

岐阜の最新ニュース

記事一覧