花火はなくとも清掃に汗 三国サンセットビーチ 

2020年8月13日 05時00分 (8月13日 09時59分更新)
早朝の海岸でごみを拾い集める人たち=坂井市の三国サンセットビーチで

早朝の海岸でごみを拾い集める人たち=坂井市の三国サンセットビーチで

  • 早朝の海岸でごみを拾い集める人たち=坂井市の三国サンセットビーチで

 「はっぴーすマン」 呼び掛け

 坂井市在住のご当地アイドルヒーロー「はっぴーすマン」と、その呼び掛けに応じた人たちが十二日、市内の三国サンセットビーチで清掃活動をした。
 三国サンセットビーチでは毎年八月十一日に三国花火大会が開かれ翌十二日には地元の人たちが一帯を清掃していたが、今年は東京五輪・パラリンピック開催による警備員不足を理由に開催中止になっていた。
 午前六時、駐車場に集まった丸岡高校地域協働部の生徒や親子連れらを前に、黄色の衣装に身を包んだはっぴーすマンが「来年はみんなが集まれる場(花火大会)が再開できるといい。こういった活動が要らなくなるよう、ごみを捨てないという意識を広めたい」とあいさつ。参加者は手に手にごみ袋を持って砂浜に出た。
 両親と親子三人で参加した、あわら市本荘小三年生竹島楓花さん(8つ)は「たばこの吸い殻が多かった。ポイ捨てしないようにしてほしい」と話していた。 (松田士郎)

関連キーワード

PR情報