本文へ移動

夏のカワハギは数より型で勝負!久比里「巳之助丸」から出船

2020年8月13日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
釣行日のトップ、新宿区の田崎一夫さん。夫婦そろって巳之助丸のカワハギ釣りの常連だ

釣行日のトップ、新宿区の田崎一夫さん。夫婦そろって巳之助丸のカワハギ釣りの常連だ

  • 釣行日のトップ、新宿区の田崎一夫さん。夫婦そろって巳之助丸のカワハギ釣りの常連だ
 カワハギといえば、肝が大きくなる冬場が食の旬だが、身としての旬は夏場となる。また、産卵のため浅場に乗っ込んでくる大型を狙えるのも、この季節の魅力だ。竿をガツンと絞り込むメガハギ(30センチオーバー)が期待できるが、船に取り込むまでにハリスを切られたり、針が折られるなどハラハラドキドキさせられる。通年カワハギ乗合を出している横須賀市久比里の「巳之助丸」から出船、1日に解禁した剣崎沖の近況をリポートしよう。(中日釣ペン 松村弘之)

◆平均18~20センチ級25~30センチ級交じり

【釣り場&概況】 現在の釣り場は8月1日に解禁した剣崎沖を中心に下浦沖、久里浜沖の10〜20メートル前後の浅場を釣況により狙っている。
 「剣崎沖の解禁当初は良型が期待できるんです。型は18〜20センチ級が平均サイズですし、25〜30センチ級の大型もかなり交じっていますよ」とはカワハギ担当の臼井浩喜(ひろき)船長。
 もっか釣り場は浅場がメインなのでビギナーの方にも大型が釣れる入門のチャンスだ。カワハギの強い引きをぜひ堪能していただきたい。
【タックル&仕掛け】参考仕掛けは図を参照。
<竿> 近年、カワハギ釣りでは1・8メートル前後と短めで軽めの竿が主流になっている。夏場のポイントは浅場がメインなので良型が掛かると引きが強く、深場用の極先調子の竿では竿の反発でバレるケースが多々出てくるため浅場用の軟調子竿がおすすめ。
<針> 大型が狙える解禁当初は、針を伸ばされたり折られたりするリスクの少ない針軸のしっかりしたハゲ針の5〜6号など大きめのサイズを使うのがオススメ。

◆針先の鋭さ大事!忘れずチェック

<仕掛けの注意点> 針の切れ味が大切なカワハギ釣りでは針先のチェックが重要。常に指の背に当てて刺さり具合を確認して少しでも鈍ってきたら即交換する。
 大型が釣れた場合、ベテランはすぐに替えの枝スに交換している。替えの枝スは十分に用意しておき、惜しまずに交換していくことが釣果アップにつながる。
 頻繁に枝スの交換を必要とするこの釣りでは、ワンタッチで交換できるワンタッチサルカンやスピードサルカンなどの接続具は必須だ。

◆誘いかけ積極的に餌アピール

【浩喜船長に聞いた 夏場のカワハギ釣りの基本】
 夏場はカワハギの活性が高いので餌を積極的に動かして、カワハギに餌をアピールすることが一番です。
 タタキ釣り、上下の誘いをかけたらアタリが出るのをしばらく待ちます。アタリがないようなら再び誘いをかけてから待ちます。待つといっても、浅場では餌取りも多いので、底近くに仕掛けを置いてアタリを待っているだけだと、すぐに餌がなくなりますから注意してください。
 また、活性が高く上の針に多く食ってくるようなら高めのタナを意識して釣ると釣果アップにつながります。
 大型のカワハギがヒットすると、海面で取り込みを焦ってしまいバラす人が多いので、常連のお客さんにはマイ玉網を持参していただくようにお願いしています。
▼その他の注意点 
<アサリの針付け> アサリの水管の部分から針を刺し、針を3〜4回ひねってからベロの部分に縫い刺しにする。丸くなるように丁寧に縫い刺しすることが大切。
 アサリの黒くなっている内臓部分がカワハギの大好物。ここからついばんで来るため、針先をこの内臓部分に収めることが針付けのポイントとなる。これを適当にやると、カワハギや餌取りの魚にすぐに取られてしまうため要注意。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ