投壊で連勝ストップ…ロッテ井口監督「自分たちではい上がっていかないと」表情厳しく

2020年8月12日 22時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回表2死一、二塁、打者中田を迎え、投手交代を告げるロッテ・井口監督

7回表2死一、二塁、打者中田を迎え、投手交代を告げるロッテ・井口監督

  • 7回表2死一、二塁、打者中田を迎え、投手交代を告げるロッテ・井口監督

◇12日 ロッテ4-12日本ハム(ZOZOマリン)

 ロッテは12日、ZOZOマリンスタジアムでの日本ハム戦で投手陣が振るわず4―12で大敗。連勝もストップした。
 先発の小島和哉投手(24)は2回までに4失点。その後は尻上がりに調子を上げたが、7回途中で降板直後に2番手・南が3ランを浴びて傷口を広げた。3点を追う9回には3番手・成田が5失点の大乱調。追い上げムードをしぼませた。井口監督は「後からいく投手陣がしっかり抑えて、自分たちではい上がっていかないといけない」と厳しい表情で振り返った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ