本文へ移動

ロード to GP & QC 男子は峰が独走 女子は平山トップに

2020年8月12日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
峰 竜太

峰 竜太

  • 峰 竜太
  • 平山智加
 夏本番の8月を迎え、年末の大一番を見据えた賞金レースも徐々にヒートアップ。GI2勝、GII1勝と快進撃を見せていた峰竜太が、7月・鳴門オーシャンCで通算3度目のSG制覇を達成。ただ一人、大台の1億円を突破してトップを独走中だ。「理想は全部優勝。伝説に残る選手になりたい」と残りのビッグ戦線も手を緩めるつもりは毛頭ない。
 2位は3月・クラシックで連覇を決めた吉川元浩。その後は一進一退の成績だが、素性いいエンジンさえ手にできれば巧みな調整力でパワフルな足に仕上げて巻き返しも十分。吉川に約200万円差の3位に付けるのは5月・住之江オールスターで初タイトルをつかんだ篠崎仁志。4位は6月・宮島グラチャンで涙のSG初優勝を決めた徳増秀樹が続き、Gレースで安定した功績を残す瓜生正義を含めた5人がトップ集団を形勢している。
 女子は、多摩川レディースチャンピオンで真夏の女王に輝いた平山智加が一気にトップに立った。同大会準Vの守屋美穂も約400万円差の2位に付け、3位の小野生奈も今年は九州地区選などGII以上のレースで3度の優出を決めるなど勢いは負けていない。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ