長島温泉の花火、12日から中止

2020年8月12日 05時00分 (8月12日 05時01分更新) 会員限定
 桑名市長島町の遊園地ナガシマスパーランドで九日から開かれている「長島温泉 花火大競演」(中日新聞社共催)について、スパーランドを運営する長島観光開発は十二日以降の中止を決めた。本来は十六日までの計画だったが、新型コロナウイルス感染拡大の第二波到来を受け、十一日で取りやめる。
 全国の業者が日替わりで花火を披露する夏休みの人気イベント。来園者が密集して鑑賞しがちな恒例の「ナイアガラの滝」といった仕掛け花火を取りやめたり、一部エリアに入場制限を設けたりするなど感染防止の配慮をしていた。
 しかし、同社の管理が及ばない近くの長良川や木曽川の河川敷で密集して鑑賞する姿が見られたことから中止を判断した。同社によると、祭りなどの行事が各地で相次いで中止になる中、開催を期待する声が多く寄せられていたという。広報担当者は「申し訳ない気持ちでいっぱいです」と話した。 (諏訪慧)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報