感染者らへの誹謗中傷を受け、浜松市が呼び掛け

2020年8月12日 05時00分 (8月12日 05時01分更新)
カウンターに掲示された、感染者らへの思いやりのある行動を呼び掛けるメッセージ=浜松市役所で

カウンターに掲示された、感染者らへの思いやりのある行動を呼び掛けるメッセージ=浜松市役所で

  • カウンターに掲示された、感染者らへの思いやりのある行動を呼び掛けるメッセージ=浜松市役所で
 浜松市は十一日、市内で新型コロナウイルスの感染者が増える中、全ての人に対して思いやりをもった行動を呼び掛けるメッセージを、市役所各課のカウンターや市が所有する各施設入り口での掲示を始めた。
 市内では飲食店二店舗でクラスター(感染者集団)が発生。市によると、店舗関係者らがインターネット上に個人情報を無断で掲載されたり、嫌がらせに遭うなど誹謗(ひぼう)中傷にさらされたりしたという。
 メッセージでは「新型コロナウイルスは100%完全に防げるとはいえない」とした上で、「感染者やクラスター発生店舗関係者のせいにして、差別したりデマを流すことは許されない。すべての人に優しさと思いやりの心を向けましょう!」と呼び掛けている。
 市市民生活課の松野吉司人課長は「全ての人に対して優しさを持つことは、新型コロナに関わることでなく、普段の生活で大切なこと。改めて周知していきたい」と話した。 (渡辺真由子)

関連キーワード

PR情報