食品ロス救う チーズケーキ ぶどうの木 金沢産ユズの果皮など使い

2020年8月12日 05時00分 (8月12日 05時00分更新)
ホエーやユズの果皮を使って開発したチーズケーキ

ホエーやユズの果皮を使って開発したチーズケーキ

  • ホエーやユズの果皮を使って開発したチーズケーキ

 菓子製造の「ぶどうの木」(金沢市)は、通常は廃棄してしまうホエー(乳清)や金沢市産ユズの果皮を使用したチーズケーキを農家などと協業で開発した。「食品ロス」の削減を図る「Hazico(ハジコ)」シリーズの新商品として販売している。
 チーズケーキの素材となるフロマージュブランは、「セタナ・オーガニック」のブランドで乳製品を製造する北海道せたな町の牧場がバターを作る際に出るホエーを原料とした。ユズのコンポートは、きよし農園(金沢市)で果汁を搾った後の果皮を使った。
 価格は二千四百八十四円(税込み)。ぶどうの木の各店のほか、オンラインショップでも扱う。ハジコシリーズは自社工場などの製造工程で発生する端材(はじっこ)を使うことから命名。他にジェラートやデコレーションケーキなどがある。 (中平雄大)

関連キーワード

PR情報

北陸経済ニュースの最新ニュース

記事一覧