本文へ移動

21世紀枠・平田高の先発古川「やり切った」 連打浴びて降板には無念「暑さで疲れ出てしまった」

2020年8月11日 18時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中犠飛を許す古川

中犠飛を許す古川

◇11日 甲子園交流試合第2日第2試合 創成館4ー0平田

 21世紀枠でセンバツ出場が決まっていた平田(島根)は敗戦。先発・古川は「(悔しい気持ちより)どちらかといえばやり切った気持ちのほうが少し大きい」。待ち望んでいた甲子園で思い切り野球ができたうれしさを口にした一方、「暑さで疲れが出てしまった」と連打を浴びて降板した無念さをにじませた。
 植田監督は「指導者としていい経験をさせてもらえた。どんなコーチングができるかをこの経験から考えたい」。持ち帰るものが多い聖地での1試合だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ