アニメとコラボ日本酒人気 久保田酒造

2020年8月11日 05時00分 (8月11日 12時11分更新) 会員限定
アニメとコラボした日本酒を企画した久保田さん。手前は「保津」の甘口(左)と辛口、中央は碇谷さんの色紙=坂井市の久保田酒造で

アニメとコラボした日本酒を企画した久保田さん。手前は「保津」の甘口(左)と辛口、中央は碇谷さんの色紙=坂井市の久保田酒造で

  • アニメとコラボした日本酒を企画した久保田さん。手前は「保津」の甘口(左)と辛口、中央は碇谷さんの色紙=坂井市の久保田酒造で
 久保田酒造(坂井市丸岡町)が、若年層に人気のSFミステリーアニメ「ID:INVADED イド:インヴェイデッド」とコラボした純米吟醸生貯蔵酒「保津(たもつ)」が熱い。代表銘柄「富久駒(ふくこま)」に由来する、主要キャラクター「富久田保津(ふくだたもつ)」をデザインした限定ラベルで、日本酒初心者が飲みやすいようアルコール度数は低め。コラボを実現させた同社の久保田明秀さん(24)は「日本酒の魅力を同世代に知ってもらうきっかけに」と意気込む。 (北原愛)
 アニメは一〜三月にBS11などで放送され、シリーズ構成と脚本は、福井出身のミステリー作家、舞城王太郎さんが担当した。そのためか、近未来を舞台に「東郷紗利奈」「早瀬浦宅彦」「大野源平」など、県内の人気銘柄を思わせる登場人物が活躍する。
 同社ツイッター担当の久保田さんが、アニメの登場人物と地酒の銘柄を結び付ける投稿が増えてきたのに気付いた。「イドキャラの酒」として富久駒の注文も相次いだ。コミックを買って勉強し、出版社のKADOKAWAへお礼の手紙を送ると、アニメ制作会社からコラボの打診があった。
 メールで打ち合わせを重ね、酒は辛口と甘口の二種...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

福井の最新ニュース

記事一覧