本文へ移動

原作者が強制わいせつ容疑で逮捕…人気漫画「アクタージュ act―age」連載打ち切り

2020年8月10日 19時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊少年ジャンプ編集部によるコメント全文(公式ツイッターより)

週刊少年ジャンプ編集部によるコメント全文(公式ツイッターより)

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)編集部は10日、公式サイトで、人気漫画「アクタージュ act―age」の連載を打ち切ると発表した。
 原作者の松木達哉容疑者(29)が8日、女子中学生への強制わいせつ容疑で警視庁中野署に逮捕されており、サイトでは「この事態を非常に重く受けとめて、事実確認のうえ、作画担当の宇佐崎しろ先生と話し合いを持ちました。その結果、『アクタージュ act―age』の連載をこのまま継続することはできないと判断いたしました」と説明。11日発売の同誌「36・37合併号」での掲載をもって連載を終了するとしている。
 「このような形で終了することになり、編集部としても非常に残念でなりません」としながらも、「事件の内容と、『週刊少年ジャンプ』の社会的責任の大きさを深刻に受け止め、このような決断に至りました」とし、謝罪している。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ