茶農家の作業記録 スマホ管理、省力化 掛川の製茶機メーカー

2020年8月10日 10時33分 (8月10日 10時34分更新)
農作業を記録するスマートフォンの画面=掛川市のカワサキ機工で

農作業を記録するスマートフォンの画面=掛川市のカワサキ機工で

  • 農作業を記録するスマートフォンの画面=掛川市のカワサキ機工で
 製茶機メーカー、カワサキ機工(掛川市)はインターネットを通じてデータを保存するライブリッツ(東京)と組んで、茶農家が作業記録をスマートフォンで入力し、保存されたデータを茶工場の生産履歴管理システムに生かすサービスを始めた=写真。
 茶農家は農薬散布や肥料投入などの内容を手書きで残し、用紙に転記して共同工場に提出。共同工場は、パソコンの生葉受け入れ管理ソフトに記録を入力して管理している。
 新サービスでは、転記や手入力が省略できる。カワサキ機工は今秋、作業記録が自動的に保存される摘採機や防除機も販売する。 (松本利幸)

関連キーワード

PR情報