20歳の中日・清水は1軍昇格へ虎視眈々…強力ソフトバンク打線相手に6イニング1安打1失点の快投を披露

2020年8月9日 23時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6イニングを1安打1失点だった中日・清水

6イニングを1安打1失点だった中日・清水

  • 6イニングを1安打1失点だった中日・清水
◇9日 ウエスタン・リーグ ソフトバンク1-2中日(タマホームスタジアム筑後)
 中日・清水達也投手(20)が先発し、6イニングを1安打4四球の1失点。1回に四球絡みで1点を失ったが、許した安打は3回無死から谷川原の内野安打のみ。6回には郡司の逆転2ランが飛び出したことで今季2勝目(1敗)もマークした。
 速球は常時140キロ台後半で最速は150キロ。1軍は梅津が故障で離脱するなど先発陣は安定していないだけに、不用意な四球をなくして1軍昇格につなげたい。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ