愛知129人感染

2020年8月10日 05時00分 (8月10日 05時01分更新) 会員限定
 愛知県では九日、新たに百二十九人の新型コロナウイルス感染が判明した。重症や死亡した人はいなかったが、十三日連続で百人を上回った。九日の新規感染者は、年代別に見ると、二十代が三十五人と最も多く、全体の約三割を占めた。症状悪化の危険性が高いとされる六十代以上の高齢者が三十一人で、八日に続いて全体の二割を超えた。行動範囲が広い若年層から、高齢者へと感染が拡大しつつある可能性がある。
 濃厚接触者などを通じて感染経路が判明している人が六十三人で、約半数にあたる六十六人は経路が分かっていない。
 症状がない人は二十七人、軽症者は八十七人で全体の九割を占めた。呼吸困難などを伴う中等症は十一人。いずれも五十代以上で、八十代以上が四人だった。
 名古屋市の新規感染者は四十七人で百人を超えた八日から半減した。同市によると市立小学校のトワイライトスクールの女性スタッフが新型コロナに感染していることが八日、判明。女性は七月二十八日に最後に出勤した後、三十日に発症した。感染判明を受けて、市は十〜十二日の間、トワイライトスクールを休止して教室などを消毒する。この小学校の他の夏休み中の課外活動も中止する。
 三重県内で...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報