【岐阜】診療所クラスター14人に

2020年8月10日 05時00分 (8月10日 05時00分更新) 会員限定
 県と岐阜市は九日、新たに十五人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は累計で四百六十五人となった。岐阜市内の二つの診療所の医師を含むクラスター(感染者集団)では、看護師ら六人が新たに感染し、計十四人に広がった。
 感染者の内訳は、可児市四人、岐阜市三人、羽島市二人、土岐市など五市町で各一人、他に県内で検査した愛知県の一人。
 岐阜市の診療所などのクラスターでは、新たに一つの診療所の事務員と看護師の計三人の感染を確認した。このうちの二人が接触のある高齢者福祉施設の利用者十人程度を検査する。
 この診療所の男性医師と同居する男子高校生と、体育の授業で一緒だった大垣市の十代の男子高校生も感染したほか、もう一つの診療所の医師の親族と接触した岐阜市の五十代女性も感染が判明した。三重県四日市市の感染者も分かった。
 このほか、羽島市は同市正木小学校の男子児童の感染を発表した。当面、学校の利用を停止する。
 岐阜市内で飲食した若者三人を中心に同居家族らに広がっている事例に関し、感染者の一人と、別の機会に飲食した岐阜市の二十代男性の感染が新たに分かり、市は県内十二例目のクラスターと判断した。一...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

新型コロナ(ニュース)の最新ニュース

記事一覧