【愛知】知事、名古屋市に注文 コロナ検査件数など集計で

2020年8月10日 05時00分 (8月10日 05時00分更新) 会員限定
 大村秀章知事は九日の会見で、新型コロナウイルスの検査件数などの集計に関し、名古屋市の対応に不備があるとして「県民、市民に正確な情報を提供しなければならない。改めてもらいたい」と注文した。
 知事が求めたのは、市内で実施した検査件数の正確な把握や、件数を休日も県に報告することなど。県は毎日、検査件数やそれに基づく陽性率などの数値を公開しているが、休日は市のデータが届かないため更新が止まっている。大村知事は「現場の皆さんが頑張っていて大変なのはその通りで、感謝を申し上げたい」とした上で「休みだから集計できないというのは、いかがなものか」と述べ、市に対応を強く要請した。
 市が病院などに委託した検査では陽性者数のみ報告を受け、陰性も含めた件数全体は把握できていない。市感染症対策室の担当者は取材に「週明けには医療機関に全体の件数の報告を依頼する。土日の報告も求められればしなくてはいけない」と話した。 (大橋洋一郎)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報